ページ

2014年2月28日金曜日

一人暮らし先を探しています

今、一人暮らし先を探しています。

今日は不動産屋さんに紹介された家を見に行きました。

見てきたのですが、実際に募集している家の下の階の家でした。

募集している家にはまだ、人が住んでいました。

そこで、下の階の家を見ました。

そこを見た感じでは良かったのですが、

帰ってから、募集している家の中の写真をインターネットで調べたら、

なんと、机を置くスペースがなさそうでした。

なので、その家はあきらめました。

他の家を探すことにします。

なので、今は一人暮らし先を探す振り出しに戻りました。

2014年2月26日水曜日

数ヵ月後の私がしたいこと

私は数ヶ月以内に、今年の7月までに

働いて1年になるので、それからかその頃かそれまでに、

正社員になる活動を始めたいです。

もちろん、お医者さんやDHのスタッフさんと相談しなければなりませんが。

しかし、私はどうしてもやりたい。

何でもやるつもりで、0からのスタートのつもりでやりたいと思います。

そうすれば、必ず道は開けると考えます。

そう、道は開ける。

この言葉、私は好きです。

道は開ける。

何でもやるつもりで道が開けないわけがないと思います。

何でもやればいいんだ。

そうすれば、正社員だって何だってなれる。

やってやれないことはない、やらずに出来るわけがない。

私の尊敬する斉藤一人さんの言葉です。

そうだ。

やらずに出来るわけがない。

そして、私はやれる。

働けるんだ。

働きたいんだ。

私は仕事がしたいのです。

もっと。仕事で成長したい。

どうか、神よ我に仕事を与えたまえ。

そうすれば、誰よりも一生懸命に働くだろう。

(別に私は宗教信じてるわけじゃないけど、神は信じてます)

あー、一年といわず早く働きたいな。

私の考えでは、やはりお世話になった○○(今の会社)に恩返しのつもりで、

奉仕の精神で何でもやらせていただくつもりで、0からのスタートのつもりで、

働かせていただけるか、一度アルバイト止めないといけないけども、

やってみようと思います。

まあ、ダメだったら、そこから先は、そのとき考えます。

よし、やろう。

(相談はしますが、7月までにどうしてもそうしたいです。)

2014年2月25日火曜日

正社員になりたい

正社員で働きたいです。

じゃあそうすればって思われる人もいるかもしれません。

そうですね。

そうしたい。

そうするか。

だって、私のまわりほとんど正社員ですよ。

そりゃそうか。

会社だもんね。

私は彼らに引けをとっているとはあまり思えない。

私のことを知ってる人は驚くかもしれませんが、

告白します。

私は仕事始めてから、帰ってからもずっと働いていることが多かったです。

一週間続けて夜11時まで働いてることもありました。

でも、何の問題もありません。

心配するといけないかと思って言ってなかっただけです。

別に会社に言われたから働いていたわけではないです。

自分で働きたいから働いていたのです。

まあ、会社か家かという違いはありますが、

別段、フルタイムで働いても何の問題も無いと思います。

それだけ働いたから、社長にまで見せられる成果が作れたのです。

体調的にも能力的にも気力的にも問題ないと思うのです。

フルで正社員もしくは、正社員になれる仕事がしたい。

私の今の障害者雇用では、正社員に直接はつながりません。

そのためにも、もうちょっといろいろ調べなくてはならないかもしれません。

2014年2月24日月曜日

私のたくさんの師を紹介します

私には師匠がたくさんいます。

必ずしも、今生きている人だけではありません。

私の師匠はどこにいるのか、というと書物の中です。

そうです。

私の師匠は書物です。

この書物というものは大変いい師匠です。

自分の好きなときに教えてくれます。

値段も、その人の一生の教えが詰まっているのに対して非常に安い。

本を読む人はどんな時代も生き残れるという言葉がありますが、

これは真実だと思います。

書物を師とするといっても、誰でもいい(どの本でもいい)訳ではありません。

自分なりの基準を持って読むことが大切だと思います。

私の基準は読んでいてわくわくするかです。

私はいいなと思った人については、その人が書いたものを

気が済むまで読み込みます。

さらに、私は師の教えをすべて信じているわけではありません。

師の教えがすべて正しいことだとしても、

そこに何か新たな私自身の考えを付け加えること

もしくは、私の人生に動きを与えることが大切だと思います。

それが進歩ということではないでしょうか。

このブログもひすいこたろうさんの教えに影響を受けてはじめました。

私の尊敬してやまない師匠を紹介しておきます。

すべての師は紹介は出来ないですが、特に大きな影響を与えている師です。

今生きている人では、

斉藤一人さん、
ジム・コリンズさん、
稲盛和夫さん、
リード・ホフマンさんなど。

もう亡くなっている人では、

中村天風さん、
新渡戸稲造さん、
デール・カーネギーさん、
勝海舟さん、
松下幸之助さん、
本多宗一郎さんなど。

もっと、昔の人では、

孫子
李世民
韓非子
孔子
老子など(子というのは先生という意味です)

です。

たくさんの師から書物を通じて教えを受けられることに、

心よりの感謝をささげます。

2014年2月23日日曜日

私の使命更新

私の使命をまた更新しました。

使命というものも基本的な線はあるかもしれませんが、

少しずつより良いものにしていくものなんだなと思いました。

以前の私の使命では、仕事が無いときにどうするかという視点がありませんでした。

だから、仕事が無いときにすることを定めました。

以下が私の更改された使命です。

私の使命:
1.人類がみな幸せに生きられるという理想を心に燃やし、一つ上を目指して、今目の前にある仕事を精一杯行うこと!!
 また、仕事が無いときは進歩・向上のため学ぶこと。
 それらで得た力を世のため人のために生かすこと。
 そうすることで、私と同じような病気を持つ人が希望を持つ手助けをすること。
2.1.を忘れないこと!!

とすることにします。

何のために生きるのか?

人生とは何か、なんのためにあるのか?

わたしたちがこの世に生まれてきた理由とは何なのでしょうか?

日曜日で仕事が無い日に考えるというのも一興ではないでしょうか?

わたしたちはこの世にわけもなく生まれてきて、病や不運に苦しみ

死んでいくだけの存在なのでしょうか?

仏教では諸行無常などといい、

平家物語には驕れるものは久しからず、

などとありますが、私たちは無力な存在なのでしょうか?

私は断じて違うと思います。

確かに、この世には諸行無常なところもあります。

けれども、その中で人間には何をする力も残されていないのか、

といえばそうではありません。

人間は宇宙150億年の力の結晶、進化の結晶なのです。

地球が生まれ生命が誕生してからだって、1度として途切れたことの無い、

命の循環の最先端にいるのです。

そのわたしたちが弱いわけが無いと私は思います。

わたしたちには進化・向上する力があります。

昨日よりも今日、今日よりも明日とより良くなる力がある。

その力がわたし達をして万物の霊長たらしめているのではないか。

わたしたちに進化・向上の力が無ければ、人類の発展はありえなかった。

わたしたち一人一人は、一見小さく見えても人類の一員なのです。

わたしたちにも人類の血が流れている。

わたしたちは一人一人が進化・向上する力の結晶なのではないでしょうか。

そしてそのためには、日々進化・向上するよう努力が必要だと思います。

具体的には良書を読むことです。

または進化・向上を目的とする師や仲間と一緒に過ごすことです。

最初の疑問に戻りますが、

人生とは進化・向上のために学ぶためにあると私は考えます。

それが人間の存在意義ではないでしょうか。

生涯をかけて学ぶこと、そしてそれを人類の進化・向上に役立てること、

これが生きる意味ではないでしょうか。

私のお金に対する価値観

私のお金に対する価値観を書いてみようと思います。

私はお金は道具だと思っています。

この世界で生きていくための道具、やりたいことをかなえるための道具、

面倒なことをせずにすむ道具、

なんにせよ道具だと思います。

だから、道具がいっぱいあるに越したことはありません。

ただし、たとえば大工さんは道具を使って道具に使われることはありません。

だから、私もお金という道具を使ってもそれに使われることはあってはならないと考えます。

具体的には、お金とは社会を循環すべきものだと思っています。

私のところに来たお金は、けっして私の才覚のみで稼いだものではなく、

たまたま私の行動の結果、私のもとに来たもので、社会的なものでもあると思っています。

そもそも社会が無ければ、どんなに働きたくっても働く場はありません。

そういう意味で、この社会のためにお金を役立てることが必要だと考えます。

だから、私はその収入をすべて自分のために使うことはしません。

収入の12分の1は必ず寄付にまわします。

また、お金をすべて使ってしまえば、精神的に独立心を保つことが難しくなります。

だから、そうならないために12分の1は貯金します。

そして、社会のために使えるように12分の1は投資に回します。
(ただ、今はまだ投資先を考えている段階です。)

そして、残りの4分の3で生活します。

これが私のお金に対する価値観です。

2014年2月22日土曜日

統合失調症回復の道のり

前の記事にコメントが着いて、

統合失調症克服の道程を聞きたいということでした。

私自身、最近は克服といってもまだまだなところもあるな

と感じているので、完全に克服したわけではないですが、

働いたりすることや集中力や気力体力については、

ほぼ以前の通りで、信念や人生に対する考え方なんかについては、

以前よりももっと良い状態にあると思うので、

一時期は動けないほどひどかった状態からどのようにここまで回復したのかについて、

簡単に書いてみようかと思います。

ただ、前記事にコメントされた三輪さんはクローズで働きたいということでしたが、

私もまだオープンで働いているので、クローズの話はまだ出来ません。

期待に添えないかもしれませんが、ご了承ください。


私が回復を最も感じたのはDHに入ってからです。

それまでは復学しようとして失敗したりしていました。

DHとは東大病院のデイケアです。

ここでは、始めは徐々に集団生活になれていき、

最後には就労や就学を目指していきます。

実際に就労・就学できるところまで、

回復している人がたくさんいます。

就労・就学したらそこで終わりではなく、その後もかかわりを持ってくれる点が

とてもありがたいです。

DHに入った当初は、週2日1日2時間程度の活動からはじめました。

そのうち、体力がついてきてからはDHにはさまざまな委員会活動(要するに仕事)

があるのですが、自分にできる委員会活動(最初はスポーツ委員を行いました)

からはじめて、最終的にはDH全体の活動を取り仕切るDH委員というものまで、

やりました。

その過程で、集団生活での人間関係や仕事を進める上でのポイントなどさまざまなことを

学びました。

DHでの仕事を一通り終えてから就職活動をしました。

就職活動は去年の4月にはじめて、6月の終わりには決まり、7月からは働き始めました。

オープンで就職しました。

オープンで就職して、今の仕事を一生懸命やっています。

仕事をしながらも回復を感じています。

回復する際に注意している点がいくつかあります。

①消極的なことは思わない

②明るい言葉を話す

③一つ上を目指して今目の前にある仕事を精一杯行う

この3つには常に気をつけています。

そのほかにも、瞑想や読書や回復のために必要だと思われることは

何でもやるつもりでやっています。

参考になったでしょうか?

もしもっと知りたい点があったら具体的にここが知りたいとかあれば、

言ってもらえるとありがたいです。

今日買った本

仕事のリーダー論で使うために、

今日買った本を記しておきます。

1冊目の本しかまだ見てないのですが

ガツンとやられました。

リーダーの基本が書いてありました。

経験が無い分野のリーダーになったときのやり方が書いてありました。

これから、全部目を通してみて

よかったら、またレビューしたいです。

『はじめてリーダーになる君へ』(浅井浩一、ダイヤモンド社)

『リーダーという生き方』(佐々木常夫、WAVE出版)

『働く君に贈る25の言葉』』(佐々木常夫、WAVE出版)

『武士道』(新渡戸稲造著、奈良本辰也訳・解説、三笠書房)

『死ぬ気で働くリーダーにだけ人はついてくる』(早川勝、かんき出版)

『スーパーストーリーが人を動かす』(岩田松雄、日経BP社)

『99%の人がしていないたった1%のリーダーのコツ』(河野英太郎、ディスカバー・トゥエンティワン)

『地上最強の商人』(オグ・マンディーノ、日本経営合理化協会出版局)

『ユダヤ商法』(マーヴィン・トケイヤー、日本経営合理化協会出版局)

最後の2冊は1冊1万円もしました。

でも、よさそうだったのでじっくり読んでみたいです。

2014年2月21日金曜日

やっぱり仕事は面白い

今日はしっかりと眠れました。

良かったです。

やっぱり、薬の影響とかまあいろいろあったみたいです。

今日は通常業務の後、リーダー論をやっていたのですが、

リーダー論に追加したい新たなテーマと格闘していたので、

面白かったです。

そのテーマについては完成してませんでしたが、

以前見せたものよりバージョンアップしていたので、

それをアドバイザーである取締役に差し上げたのですが、

新幹線での移動中に見ると言ってもらえたので、

嬉しかったです。

リーダー論が会社で役に立てばこれより嬉しいことはありません。

研修や育成で使われるに耐えるようなものを作りたいです。

そのためにも、よりよいリーダー論を作っていきたいです。

2014年2月20日木曜日

今の自分にとって一つ上とは何かを考えたい

今日の帰りにDHには受け持ちスタッフさんという方がいらっしゃるのですが、

その人と電話で話しました。

その人は僕のことを本当によく見ていてくれて、

僕が2つ上や3つ上を目指してしまいそうなときに、

いつも1つ上は何かということを一緒に考えてくれます。

本当にありがたい存在だと思っています。

感謝がこみ上げてきます。

最近の僕は2つ上や3つ上を目指しすぎていたかもしれません。

何が、僕にとって本当に一つ上なのかをよく考えていきたいです。

そのためにも、将来の自分に備えて、

いろいろな企業の企業研究をしてみたいと思います。

一つの企業を1ページにまとめてみたいと思っています。

有料のソースを使うことになるので、

ここにはたぶん載せられないことが少しだけ残念です。

使うソースサイト名は載せてもいいかもしれません。

使うソースサイト名はVorkersです。

不眠の(おそらく)真の理由

今日は私は、約5ヶ月ぶりに不眠だったわけですが、

その理由はたぶんさまざまなものが重なったためだと思うのですが、

不眠の要因の一つとして、やっぱり薬の飲み方が関係しているようです。

というのも、先週の金曜日から、薬を飲む量は変えてないのですが、

飲むタイミングをお医者さんと相談して、変えてみることにしました。

なぜそうしたかというと、今まではエビリファイを朝18mg飲んでいたのですが、

そうすると、とても眠くなるのです。

なので、朝6mg、夜12mgにしてみました。

そうすると、昨日までの4日間はよかったのですが、5日目である今日、

さまざまな要因が重なって、眠れなかったので、その一因として、

薬のことも関係しているのではないかと思いました。

どうやら、私にとってエビリファイは

6mg→眠い
12mg→眠気が覚める
18mg→眠い

という、不思議な効き方をするようです。

なので、今日の夜から、夜は6mg、朝は12mgにしてみたいと思います。

今までの感じで行ったら、たぶんこれで上手くいくはずです。

久しぶりの不眠

今日は久しぶりに、このブログを書き始めて初めてかな、

だから5ヶ月ぶりぐらいに眠れませんでした。

なんとなく、原因は分かっています。

仕事があまりにも暇でした。

こんなこと書くと、うらやましいなーと思う方もあるかもしれませんが、

私は働きたいし働きに職場に行っているのに、

仕事が無いって結構つらいですよ。

別に、干されてるわけじゃないと思いますけど、

干されてるのか?

いや、たぶん違うと思う。

だから、やりたいことやってていいといわれたから、

職場で以前出された課題であるリーダー論について

研究してました。

研究って言っても、知識をインプットする段階とアウトプットする段階があって、

昨日はインプットする段階だったから、しかもいい本だと思って、

2回目読む段階だったから、エネルギー消費がたいしてないわけです。

昼間疲れないと、夜って寝れないものなんですね。

それはいろいろな本に書いてありますが、

そのことを実体験してしまいました。久しぶりに。

眠剤はあったけど、飲みませんでした。

というか、飲もうと思ったのが、3時くらいだったので、明日の朝に影響あってもなあと思いましたし、

別に一晩ぐらい眠らなくたってどうってことないなと思いました。

疲れもあまり無かったので。

もちろん、体にあまりよくないことは分かってますよ。

分かった上で、まあそういうときもあるさと思っています。

よっしーさんの以前のブログも読みましたしね。

今日は眠れ無そうだったら、久しぶりに眠剤飲むかもしれません。

眠れるように、昼間忙しくしたいと思います。

リーダー論で思いついたことがあるのです。

リーダーも人間である以上、頑丈な精神と肉体を作ることが必要なのではないかと。

逆説的かもしれませんが、私は病気になったおかげで、いろいろなことを学び、

頑丈な精神と肉体の作り方についても学びました。

その過程で、昼間は忙しくしないと夜眠りにくいということも学んだのですが。

そういうことも織り込んで、リーダー論に何とか反映させたいなと思います。

これで、やることが無くっても、自分でやることを作れます。

2014年2月19日水曜日

私の仕事へのスタンス

私がもっと働きたいのは、気力・体力とも充実してきたからです。

それに、障害者雇用では一人暮らしをするには給料が少し足りません。

だから、クローズで働きたいし、働けると思っています。

今日は帰ってから、転職情報についていろいろ調べていました。

あ、その前に上司に転職方面の話をしていたら、

○○(今の会社名)で働くというのは候補に入らないのか?

と聞かれました。

今の会社で営業は厳しいけれども(後、今の部署である人事も採用予定が無いけど)、

IT系ならあるかもしれないというような感じでした。

確約は取ってないですが、それとなくにおわされました。

まあ、なんにせよ、フルタイムで働いてからの話ですが、

といっても、あと1時間仕事を増やすなんて、はっきり言ってなんでもないです。

と思っています。(もちろん、やってみないとわかりませんが。)

でもって、私としてはどうするかはまだ保留です。

一応、答えとしては○○(今の会社)で働けるなら、通いなれてるし雰囲気もいいし

1番いいと思います。

と答えましたが、まだ分かりません。

というか、帰ってから調べたら、世の中にはいい会社というのはたくさんあるのです。

もちろん、そこで働けるかという問題はありますが、能力とやるき(と体力気力はあります)があれば

大丈夫なのではないかと思います。

今度、今気になっている会社で働いている友人がいるので、実際のところはどんななのか

聞いて見たいと思います。

もちろん、○○(今の会社)も視野には入れています。

今までお世話になったわけだし。

ただ、配属先が今と違う部署だとすると、上司も変わるわけですし、他の会社に移るのと大差ないかなと思うのです。

それに今の会社に行くとしても、一度アルバイトをやめねばなりませんから。

そうすると、他の会社に移るほうが、会社を辞めずに転職活動をすればいい分、

リスクが小さいともいえると考えます。

そんなこんなで、まだどうなるか分かりません。

今度、友人に気になる会社の実情を、以前少しは聞いたのですが、

もっと突っ込んで聞いて見たいと思います。

2014年2月18日火曜日

上司に聞いたことなど

桂砂さんのブログに許可をいただきリンクを張りました。

タイトルは統合失調症闘病記です。

私自身とても楽しく読んでいますので、

みなさんもよければ見てみてください。



さて、今日は会社で上司に、

中途採用の異業種からの転職と同業種からの転職では見るところが違うのですか?

という質問をしてみました。

すると、見るところというか、

中途採用では会社に欠けている人材をとりたいと思っているということでした。

欠けている力を補いたいということですね。

また、新卒はほぼポテンシャル採用ですが、中途でもポテンシャル採用するのか聞いてみたところ、

すると言うことでした。

このことを考えたとき、私が数ヵ月後に転職するとしたら、

まず自分の能力をアピールできるところ、

そして、次に自分のポテンシャルを買ってくれるところ、

にする必要があるのではないかと思いました。

そういうところを、今後探して行きたいです。

あと、以前私にいつごろまで働いて欲しいとかあるのですかと聞いたら、

今私に任せている仕事は、もともと人事部でやっていた仕事から、

私に任せられるところを切り取って任せているだけだから、

特にいつまでやって欲しいということはないということでした。

それに自分の希望もあるでしょうといわれました。

だから、私は自分の希望に沿って動いていいんだなと思いました。

そういうことで、フルタイムになって(来月からフルタイムです)、2,3ヶ月働き始めたころから、

クローズで自分の能力を発揮できて、ポテンシャルを買ってくれるところで、

正社員につながるところに転職するための活動を始めたいと思うということを、

今度の診察で相談したいです。

2014年2月17日月曜日

桂砂さんのブログから学んだこと

前記事で書いた桂砂さんのブログから学んだことがあります。

それは、私自身まだ、病的なところがあり、

そのために、自分でビジネスを起こせないかとかいろいろやって失敗するのだということです。

やっぱり、ビジネスを起こすでも、自宅で仕事をする(SOHO)でも、

それなりの何かを持ってないといけないと思います。

まだ、8ヶ月程度しか働いてない私にはそれがないようです。






なんにせよ、私はお医者さんと相談して、

クローズでもっと給料のいい仕事を何でもいいから探したいと思います。

体力的、気力的には問題ないと思うのですが。

あと、通院が何とかなることさえどうにかなればなあ。

病院変わるのは避けたいが。

何とかならないかな。

病気なんかに負けたくない。

まだ、26だし、今なら正社員の仕事もあると思うんですよね。

正社員が無くても正社員につながる仕事がしたいです。

今の障害者雇用では、なかなか正社員に直接はつながらないです。

これが、あと2,3年してきたら、また違ってくるとも思うのです。

私の仕事の上司に以前相談したら、正社員になるにはやはり若い方がいいということでした。

私は人事部で働いているので、上司はもちろん人事部なのですが、中途採用の求職者の履歴書

のどこを見ているのですか、と質問したら、年齢と経験と答えてもらいました。

やっぱり、年齢は大きいのだなと思いました。

それにもし異業種異業界に行くなら、経験より若さかなとも思いました。

だから、動きたい。

診察がある2週間後が待ち遠しいです。

とても参考になるブログを見つけました

統合失調症闘病記の桂砂さんのブログがとても面白かったので、

いっきに今までの投稿を全部読んでしまいました。

11年の闘病から得られる、正直な病気(や病気の人)についての感想や、

さまざまな仕事をしてきたことで磨かれている人柄がうかがえて

大変ためになりました。

まだ許可を取ってないのですが、許可が取れたら、

リンクを張って見たいと思います。

まだリンクを張ってないですが、ブログランキングからいけますので、

興味のある人は見てみてください。

2014年2月16日日曜日

まずは自分を救わなくては

ここに書くことで、他の人の役に立つことは出来るかな、

と思うこともありますが、

まずは自分がもっとしっかりすることが先決なのでしょう。

少なくとも、自立してやっていけるようになるまで、

人のことより、自分のことを優先するのが、

私の義務であり、権利なのだと思いました。

まあ、今まで、別に人のことを優先していたわけでもないですけど、

あらためて、そう感じました。

自分を救うには3つのことをする必要があるそうです。

すなわち、自分を大切にし、家を安心して空けられるようにし(家族に病気の人がいれば、まずその人を助けなくちゃいけない)、そして安心して食べていけるお金があること、だそうです。

そのことを一人さんからこの本(斉藤一人カンタン成功法則)で、教えてもらいました。

一人さんと同じ時代に生きていられることに感謝します。

昨日今日と暇だった

昨日今日と、雪のためか外に出ることが無かったので、 とても暇でした。

だから、ゲームを久しぶりにやっていました。

やり始めるとはまってしまい、 2日で20時間ほどやってしまいました。

でも、明日からは仕事なので、切り替えていきたいと思います。

昨日、更新されてなかったのは、ゲームのせいでもあります。

もう一つは、何もしてなかったから書くことが無かったせいです。

明日から、また一生懸命働きたいと思います。

2014年2月14日金曜日

病気になってすぐの方へ

私が病気になった初期に役に立ったなと思ったことを書きます。

私が病気になった初期のころは、

自分にあった薬を探すのが大変でした。

自分にあっていない薬では、幻覚や被害妄想はある程度収まりましたが、

うまく体を動かすことが出来ない副作用が出ました。

また、夜もよく寝られませんでした。

でも、自分にあった薬に出会ってからは、

夜も前よりは寝られるようになり、体も動かせるようになりました。

幻覚や被害妄想もほぼなくなりました。

その後、必要なことは十分な休息だと思います。

私は、一日中寝ていることもありました。

でも、眠ることが今の自分に必要なことだと思い、眠っていました。

家族も病気について勉強してくれて、理解もあったので、助かりました。

だから、病気の初期のころは、

幻覚や被害妄想が取れない方は、自分にあった薬を探すことと、

十分な休息をとることが必要だと思います。

それが出来たら、

この記事この記事に書いてあることを参考にしてもらえると嬉しいです。

今日は診察でした

今日は3週間ぶりの診察でした。

薬を以前言われた範囲で減らしたことを伝え、

今日からはもうその分の薬はもらわないようになりました。

なので、今飲んでいる薬はエビリファイ18mgのみです。

やっと、ワイパックスとおさらばできた。

嬉しいです。

エビリファイともいずれおさらばしたいですね。

まだ、先でしょうけど。

あと、暇になったらなんだか、わき道にそれてしまうことをはじめてしまうので、

もっと働きたいですと先生に言ったら、じゃあ3月から1時間増やして

フルタイムにしていいよ、と言われました。

やっと、これで9時18時で働けます。

これも嬉しいです。

それから、今年の7月で、働き始めて1年になるので、

そうしたら、正社員になるための活動を始めたいと言いましたが、

3年は今のまま(アルバイトで)働いたほうがいいのでは、と言われました。

が、私が食い下がったら、せめて2年はと言われました。

今日は、ここまででしたが、

私としては、早く正社員として働き始めたいです。

そして、一人暮らしもしたいです。

自立したいです。

3年は働いたほうがいいと言う理由は、実績が出来るからだそうです。

ただ、今働いてるところの上司に聞いたところ、1年でも実績としてみてくれるところは、

見てくれると言う話だったので、

まあ、今の会社に正社員で入れたら一番いいのですが、

でも、今の会社はアルバイトから正社員への登用制度が無いので、

一度やめなければ、正社員になれるかわからないのです。

それでも、やはり正社員になりたいです。

体力的には十分やっていけるはずです。

気力も充実しています。胆力もあります。

能力もある。

後は、雇ってくれるところがあるかだけだと思うのです。

で、通院さえどうにかなるのなら、障害者雇用にこだわらなくても良いのではないかと思っています。

そう考えると、雇ってくれるところはいっぱいあると思います。

なんとか、正社員になりたいです。

というか、なれるとは思っています。

あとは、周囲の人と相談するだけです。

2014年2月13日木曜日

人は自分でしか自分を救えない


私は今までの人生で学んだことがあります。

それは、自分自身を自分自身が救わなくてはいけないということです。

そのためには、周りの人に引っ張られてはいけないのです。

かりに、隣の人が不運に陥っても、不幸な出来事に出会っても、

よしんば、病気であっても、同情したりすることはいいことかもしれませんが、

けっして、その人と一緒に不運を嘆いたり、不幸を恨んだり、

病気をのろったりしてはいけないということです。

そうしたら、一人の不幸が二人に移ってしまいます。

これは悲劇を通り越して滑稽です。

だから、誰がどんな状態になっても、自分の心は明るい方向に保たなくてはなりません。

そうかといって、人のことを考えないというのでもありません。

人のことは考えても、同情しても同調はしないということです。

本質的に人は自らでしか自らのことを救えないのです。

そのことを心に納めておこうと思います。

ただ、病気を治せるヒントがこれから書けたらなと思います。

2014年2月12日水曜日

変わっていくわたしさんが生きてて良かった&病気について思うこと

変わっていくわたしさんが生きていて良かったです。

他の人が死ぬのを知るのはつらいものです。

でも、生きていて良かった。

私が変わっていく私さんも含めて、この病気になっている人に知ってほしいのは、

この病気だって、治らなくとも、良くなりはするんですよということです。

それで、希望を持ってもらえたら嬉しいです。

私自身、非常に今病気が良くなっています。

薬の量も減らし始めたし、それでも体調は特に問題ありません。

元気に働けています。

ここからは、私の考えなので、変わった考えもあるんだなと思ってきいてくれればと思います。

変わった考えですが、私はそうなんだろうなと思っています。

私は統合失調症は治ると思っています。

で、治し方があります。

それは、今までの自分の考え方で、間違っていたんじゃないかと思うところを変えることです。

これには勇気が要ります。

でも、勇気を出せば出来ない相談じゃありません。

たとえば、私の場合、私にひどい仕打ちをした学生時代の先生をとても憎んでいました。

けれども、この憎むということが間違いでした。

私は、ただその先生の元から離れるか、その先生にそういうことをされると、私の魂(心)が傷つきますから、やめてくださいといえばよかったのです。

現実的には、去るべきでした。

それを去ることは出来ないと考えていたことが間違いでした。

去ることは出来たのです。

その一つ目の間違いの上に、相手を憎むという二つ目の間違いを犯していました。

憎まれて嬉しい人はいませんよね?

人がされて嫌なことはしてはいけない。

このルールを侵しているのが、二つ目の間違いでした。

だから、この二つの間違いを正せば、病気は治るのです。

なぜならば、病気とは自分の間違いを大いなる存在が教えているだけのものだからです。

だから、病気とは教えなのです。

そのため、私は病気には大いに感謝しています。

あ、ここに教えがあるなと思っています。

病気が無ければ、人は学ぼうとしないのではないかと思います。

だから、ここは学ぶチャンスなのだと自分は思っています。

信じられない人が多いかもしれません。

変わった話ですからね。

ただ、そう思える人が増えてくれれば、私は嬉しいです。

まあ、誰もそう思ってくれなくともいいです。

私は、この考え方で自分自身の病気を治します。



2014年2月11日火曜日

私の使命が定まってきた

私の使命は私の力を目いっぱい使えるものであるべきだと思ったので、

私の使命を更改しました。

私の使命:
1.人類がみな幸せに生きられるという理想を心に燃やし、一つ上を目指して、今目の前にある仕事を精一杯行うこと!!
 私は力の結晶であることを知り、世のため人のためにその力を生かすこと。
 そうすることで、私と同じような病気を持つ人が希望を持つ手助けをすること。
2.1.を忘れないこと!!

細かな修正はあるかもしれませんが、基本的に、一生、この線に沿って生きようと思います。

瞑想の力

変わっていくわたしさんの更新が滞っているいるのが気になりますが、

ここで私まで気持ちを沈ませたらダメですからね。

今はどうなっているのか分からないので、気持ちを切り替えていきましょう。






瞑想っていいですね。

体に力が満ち満ちてきます。

瞑想のやり方が知りたかったら、

この本がお勧めですよ。

少し高いですが、

『盛大な人生』(中村天風 著)

この本の最後のほうに、瞑想のやり方が書いてあります。

それをやったら、非常に体にエネルギーが満ちてきました。

なんだか、食べる量も少なくてすみそうです。

今まで、少し食べ過ぎていました。

エネルギーに満たされるから、あまり食べなくてもいいような気がしています。

ダイエットにも有効だと思います。

2014年2月10日月曜日

変わっていくわたしさんへ

変わっていくわたしさんへ

統合失調症ブログランキングの

変わっていくわたしさんのブログにコメント欄がなかったので、

見てもらえるか分かりませんが、結婚できなければ死ぬと書いていたので、

ここに、コメントのつもりで書きます。


変わっていくわたしさんは死にたいと思っているんですね。

つらいときもありますよね。

私の友達も1年位前に同じような病気で自殺しました。

そのときは、僕も含めて周りの人は大変悲しみましたよ。

変わっていくわたしさんが死んだら周りの人が悲しみますよ。

少なくとも、明日ブログが更新されなかったら、私は悲しいです。

生きていて欲しいです。

私は力の結晶だ

私は力の結晶だ。
 
どんな不運にも病気にも負けない
 
力の結晶だ。
 
何ものにも打ち克つ力の結晶だ。

この言葉を日に何度も繰り返すことにします。

実際私はそうだと思っています。

だから、土日の陰性症状も徐々にかもしれませんが、なくなるでしょう。

そして、私は誰よりも力強くなることを確信しています。

これからは、その力を持ってして、何をするかを考えて行きたいです。

基本的には、私の使命を実現するという線に沿っていくのですが、

私は自分の可能性を限界まで引き出したいです。

そのためには、私の使命も私の可能性を限界まで引き出すに足る使命であるほうがよいと考えます。

だから、その使命についてもっと深く考えたいです。

2014年2月9日日曜日

土日の陰性症状

土日は陰性症状なのか、平日の疲れなのか、

すごく眠くなります。

その眠気には逆らわずに寝ていますが、

早く、この眠気が取れるようになってほしいです。

2014年2月8日土曜日

やっぱり自分で勉強するしかないのかな

昨日、一つ上を目指せるコミュニティに入りたいと書きましたが、

それについてもう少し聞いたら、あまりいいコミュニティではなさそうだったので、

入るのはやめました。

やっぱり、自分で勉強していくしかないのでしょうか。

今属している、コミュニティは会社とDHのメンバーやOBの集まるらん

というところとDHに診察でたまに行くだけです。

なんか、自分の使命を達成できるコミュニティを作ることは出来ないかな。

難しいかな。

もっと、もっと勉強していきたいです。

2014年2月7日金曜日

「人間」という言葉の意味

みなさんは「人間」という言葉の意味を考えたことはありますか?

なぜ人ではなく、人の間と書くのか?

よく言われるのは、人は一人では生きていかれないから、

というものです。

確かに、その通りです。

人は一人では生きていかれない。

けれども、それだけでわざわざ人の間とまで書いて、人間と読ませているのでしょうか?

私は、それだけではないと思います。

「人間」という言葉のもっと深い意味は、

人は人の間にあってこそ、真に力を発揮することができるということではないでしょうか?

人が一人で孤立していたら、そこにはなにものも生み出されることはありません。

けれども、人が何人か集まれば、進んだ人は後から来る人に物を教えられ、そのことでさらに

学びを深め、進むことが出来るし、後から来る人は先に進んでいる人から教われると同時に

進んだ人を見て希望を得ることが出来ます。

そういう意味で、人の間にいることが何よりも大切なのだなあと感じます。

なので、私は今まで私の病気を回復させるときにすごしてきたDHに本当に感謝しています。

そして、今いる会社にも感謝しています。

さらに、私は新たなコミュニティにも所属しようと考えています。

それが私の人生のステージを一歩ずつ上昇させる推進力になると思っています。

まだ、所属できるか分からないので、ここでは秘密です。

それに、そのコミュニティに所属できるかどうかは私が決めることではなく、

むこうのコミュニティが決めることです。

でも、私はぜひそのコミュニティに参加したいです。

そのことを切望しています。

以前、私の使命をここで書きましたが、人は所属するコミュニティによって、

使命が変わってくるのではないかと今は考えています。

だから、良いコミュニティに所属することが大切だと思います。

なので、これからも一つ上の目指せるコミュニティに所属していき続けたいと思います。

新たなコミュニティといっても、今のコミュニティをいきなり抜けるわけではありません。

普段はFacebookでつながり。

土日なんかに会うことができればと思っています。


2014年2月6日木曜日

人類の使命について考える

今読んでいる本に、自分の使命だけではなく、

人類の使命を考えさせられる一節があったので、引用しておきます。

然らば、その大使命とはそもそも何かというと、曰く「宇宙原則に即応してこの世の中の進化(Evolution)と向上(Elevation)とを実現化することに努力する」という、荘厳な一大事実である。即ち、我等人類は、こういう尊い大使命を遂行するためにこの現象界に生まれてきたものなのである。
この、曰くの後ろにひどく感動しました。

宇宙の原則とは、宇宙は常に進化・向上していてたゆむことが無いということなんですね。

そして、その宇宙の流れに応じて、それを実現するために、

努力することが人類の使命であるということなんだということが書いてあります。

 そのためには、私は一歩ずつ進んでいけばいいと思います。

宇宙だって、いきなり今の姿になったのではなく、150億年という途方も無い年月をかけて、

今の姿にまで進化してきたわけです。

そして、人類はその進化の最前線にいるわけです。

そう考えたとき、人間というものは、弱いわけが無いのです。

宇宙150億年の歴史の結晶が、繰り返しますが、弱いわけが無いのです。

そのことを考えたとき、私は病気は必ず治せると信じています。

宇宙150億年の底力を見せてやりましょう。

一緒に奇跡を起こしましょう。

2014年2月5日水曜日

私がやっていて続くこと続かないこと

私は自分のやっていることで、

続くことと続かないことがあることに気づきました。

それで、続くことと続かないことの共通点、相違点に気づきました。

それは、私の使命に通じることは続き、

私の使命に関係ないことは続かないということです。

私の使命は次のようなものです。

私の使命:
1.一つ上を目指して、今目の前にある仕事を精一杯行うこと!!
  また、私がこれまでの人生で学び実践してきたことを伝えることで、人の心を明るくする力になること。
  そうすることで、私と同じような病気を持つ人が希望を持つ手助けをすること。

2.1.を忘れないこと!!


この、私の使命に通じることは、3ヶ月以上続き、

私の使命に通じないことは、3ヶ月と続かず終わることが分かりました。

例えば、次のようなことは続いています。

・仕事
・統合失調症を克服しようブログ
・私の書評サイト
・読書(仕事をする上でも、病気を好転させる上でも必要なもの)

逆に、次のようなことは続いていません。

・一つ上ではなく、2つ上や3つ上を目指していること
・そもそも方向性が違うこと
・目の前の仕事でないこと
・私の使命を忘れて何かやっていること

なので、これからは私の使命を片時も忘れないようにしたいと思います。

働くことっていいことですよね

やっぱり、働くことっていいことだと思います。

自分でビジネスしてもいいと思うし、

会社や人に雇われるのでもいいし、

なんにせよ、働くってことは人の役に立つって言うことだし、

人は人の役に立ってこそ、その人の真価が発揮できると思います。

私自身について言えば、

働くことがリハビリにもなっていると思うし、

休んでいるときよりも、働いているときのほうが元気です。

お金ももらえるし(笑)

今、バリバリ働けていることに感謝します。

いずれは、自分自信でビジネスを持つこともしたいです。

でも、なんでもはじめの一歩を踏み出すことが大切だと思うから、

私は今自分に出来ることを一歩一歩踏み出していきます。

2014年2月4日火曜日

もっと心を修めたい

学業を修めるという言葉がありますが、

私は心を修めたいです。

心の修行です。

なんでも、人生で出会うすべてのことは心の修行だと思います。

心の修行だと思った瞬間に、

嫌なことは楽しいことに変わってしまいます。

だって、修行なのだから。

自分のためになることでしょう。

なんでも、自分のためになることだと思うことです。

そうかといって、否定的なことや暗いことをどんどん心に取り込んではいけません。

そういう時は、心を衝撃から守らなくちゃなりません。

でも、本当にそういうことは少ないです。

たいていのことは、修行だと思っていればなんとかなります。

そう思うと、人生楽しいですよ。

2014年2月3日月曜日

病気は治るんです

みなさん、ここにいる方は統合失調症の方が多いと思います。

でもって、病気って治らないと思っていやしませんか?

まあ、今すぐたちどころに治るってことは無いでしょう。

けれども、時間をかければ、最終的に薬をなくすことも可能なのですよ。

今の精神医学の流れでは、薬を徐々に減らしていって、

最低限の分量で3年程度安定していたら、

薬をなくしても大丈夫なのではないか、と言う話が出ているようです。

ここで、私が重要だと思うのは、薬がなくなるかどうかじゃなくて、

それは、もちろんなくなればいいですよ。

でも、それよりも大切なのは、心の持ち方だと思うのです。

人生とは心一つのおきどころ

って言う言葉を聞いたことがありますか、

どんな病気になっても、どんな不運に襲われても、

心まで病気にしてはいけない、こころまで不幸にしてはいけないのです。

そうしていけば、いずれ薬をなくすことも可能だと私は信じています。

それは奇跡に近いことなのかもしれません。

しかし、私は身をもってそのことを証明したいと思います。

薬をいま、すこしずつ減らしているので、

最小限になってから、3年以内に薬なしでも、心の持ち方で、

健康になれるのだということを証明したいです。

私は、それが出来ると直感的に確信しています。

そうなれば、健康が手に入ります。

その目標に向かって、みんな一緒に頑張りましょう。

その秘訣は心を明るくすることですよ。

心を明るくするために必要なことは、

明るい言葉を発することですよ。

そして、暗い言葉は発しないことです。

一緒に統合失調症を克服しましょう。

ただし、薬の量はお医者さんと話し合って決めてくださいね。

2014年2月2日日曜日

コンテンツの進み具合

コンテンツは今、39ページ分ぐらいかけました。

これから、最終的に100ページ以上は買いて、200ページ程度のコンテンツにしていきたいです。

コンテンツ制作は自分でやるのですが、そのほかのことについて、

販売やセールスなどについては、やっぱり一人でやるには限界があると感じてきたので、

いずれころあいを見計らって、塾かなにかにいってみようかなとも考えています。

2014年2月1日土曜日

コンテンツを作る

今まで私はさまざまなことを

本などから勉強してきました。

今度それを一つにまとめて見たいと思います。