ページ

2016年9月29日木曜日

朝日はまた昇らん

神の名のもとに、

真実は明らかにならん。

夜は終わり朝の太陽が昇らん。

闇と別れると決意し、光を信じよ。

闇を光に転ずるために、
肉体、精神、魂を鍛えたまえ。

心と言葉と行動であなたの世界を作り変えよ。

朝日はまた昇らん。


2016年9月28日水曜日

暗黒から脱して光の中に入るには?~統合失調症回復の鍵~

統合失調症から回復するために必要なことは何でしょうか?


あなたは統合失調症から回復したいですか?


回復したい方に必要なことがあります。


その前にこのことを知る必要があります。


それは人間の心の中には善と悪の二つがあるということです。


実は、これは不思議な話なので、信じられる方だけ信じてください。


この善と悪は宇宙に満ちているのです。


そして、悪の波動と善の波動というものが宇宙にはあります。

中間はありません。


人間の心の中にも善の波動と悪の波動があります。


ここで重要な点があります。


悪に屈してはなりません。


私たちは本来強い善の力を持っています。


悪を吸収して感化し善に転換するのが私たちの使命だったのです。


けれども、人間は善意からより多くの悪を善に転換しようとして
悪を吸収し過ぎて悪にとらわれてしまったのです。


けれども、本来人間は善なのです。


善が本来です。


どんな人の心の中にも善があります。


その善を取り戻すのです。


光を取り戻すのです。



そう決意することです。


「私は愛と光と忍耐です。」



この忍耐とは悪に屈しないということです。


そして、本来の人間は愛と光なのです。



決意するのです。



自分の心の悪と別れると
光とともに歩むと。


それが人間の生きる意味です。


それが本当の人間の仕事なのです。


私たちは霊的な存在なのです。


どんな誘惑にも負けてはなりません。


悪に打ち勝ってください。


それが苦しみから逃れる唯一の方法です。


あなたは愛と光と忍耐です。

多くの人はそれを忘れているだけなのです。


信じられる方だけ信じてください。


信じるものは救われます。


光は必ず勝つのです。


なぜなら、悪は光がその強さを増すためだけに
存在を許されているからです。


光が強くなれば悪は光へと感化されるのです。


あなたなら必ず悪を善に転換できます。


私は信じています。


あなたの中の善を。



善なる力が欲しければ、
神に祈るのです。

「神よ。お助けいただきまして感謝しています。」


神の名前は善なる宇宙の中心の神であれば、
何でも構いません。

私は天之御中主様と呼んでいます。

アラーと呼んでも、ヤハウェと呼んでも構いません。

菩薩様でも仏様でも何でも構いません。

善なる神に祈るのです。


宗教に入る必要は必ずしもないかもしれませんが、
神を信じる必要は確実にあります。


この話は不思議な話なので、
信じられる方だけ信じてください。

暗黒の力による支配から
すぐに抜け出すのは困難かもしれません。


けれども、光を信じて光の中を歩もうと決心するならば、
神を信じて祈るならば、
あなたは人生の意味を取り戻し、
光の中を歩むでしょう。


光の道を進むものは幸いです。



2016年9月27日火曜日

忘れたお守り、壊れたお守りの危険性 統合失調症の要因

私は今回いろいろなことを経験して、

統合失調症について理解が深まったと思っています。


理解が深まったことの一つに、
お守りを何十年も放っておいたらいけないということがあります。


お守りというのは1年以上忘れているだけで、
霊的な毒を放ちます。


もちろん、良く手入れしていたり、
存在を忘れずに大切にしているお守りならいいのです。


けれども、壊れていたり存在を忘れてしまったお守りは、
非常に危険です。

そのお守りが毒を放ち、幻聴が聞こえたりしてくるのです。


これは原因の一つと私が実感していることなので、
信じられない方は信じなくていいですし、
幻聴の原因も様々だと思いますので、
忘れていたお守りを捨てたら解決するという問題だけでは
ないかもしれません。


私の場合、宝箱にしまっていた、壊れた龍のお守りが
私に多くの毒気を放っていました。

そのお守りを取り除いてから、
ずっと肌にできていて消えなかったあざのような湿疹のようなものが
きれいさっぱりに消えましたし、
幻聴は宝箱に入って忘れていたもう一つのデジタル機器を取り除いたときに
消えました。


今回、薬の調整をして宝箱から取り出す前に、

幻聴は聞こえましたが、それはずっと神の名でした。

あらゆる音の中にその時に信じている神の名が聞こえていました。

悪口が聞こえた時もありましたが、その回数は1度だけでした。

悪口の原因もわかっているので対処もできます。

ほとんどが、その時に信じている神の名が聞こえてきました。

だから、心地よかったです。


今は、薬を増やしたこともあり、神の名は聞こえません。

聞こえてもいいし、聞こえなくてもいいのです。

どちらにしろやることは変わらないからです。

愛と光と忍耐をもって神に感謝して生きることは
何も変わらないからです。


ヨガナンダさんから学んだことと一人さんから学んだこと

ヨガナンダさんから学んだことは、

結局、この宇宙の霊的な仕組みについての

理論的な話でした。


一方で、一人さんから学んだことは

人生を楽しく幸せに生きることでした。


私としては、人生を楽しく幸せに生きるほうが楽しいです。


それには霊的な知識は必ずしも必要ではないかもしれません。


ただ、自分の病気を回復させるために、
いろいろと荒療治がありましたが、
今回の出来事は非常に役に立ちました。


次は、統合失調症の一つの原因について書きます。